本番出来るという書き込みを真に受けないこと

ネットの掲示板や質問サイトで「本番をやった」という男性からの風俗体験談を見掛けることがあります。

それを見た人はお願いすれば風俗嬢は本番をしてくれる子もいるのかと思ってしまう人もいるわけですが、本番行為は絶対にしてはいけない行為です。

日本の法律では本番を行うことは禁止とされています。

法律違反をしているのに堂々と掲示板で自慢気に語っている人は問題です。

本番をしてしまった風俗嬢は、強引過ぎて断れなかったか、無理矢理挿入されてしまったということが殆どです。

よくデリヘルは駄目だけどソープなら本番出来ると書いてる人もいますが、ソープでも本番は禁止です。

本番を禁止しているにも関わらずマナーを弁えず要求して来る人後を絶ちません。

その為一部の風俗店では個室に防犯カメラを付けている所も出て来ています。

もし万が一本番を強要しているのがバレたら大変なことになります。

強要だけなら注意を受けて出禁になって終わりですが、無理矢理挿入した場合は逮捕、もしくは罰金になるでしょう。

中には本番をして風俗店の恐い裏方さんにボコボコにやられた人もいるという噂です。

禁止行為をしなければ、何事もなく風俗を楽しむことが出来るのでマナー本番の強要はするべきではありません。

風俗店でやっては行けない事、それは・・

風俗店でやっては行けない事の代表例としては「本番行為」があげられます。

本番行為とは、女の子に挿入してしまう事です。

これはほとんどの風俗店で禁止していますので、もし隠れてやってしまった場合出入り禁止にされます。

それだけで済めばいいですが、最悪、罰金を払わされたり、警察に突き出される事もあります。

そんな厳しいお灸が待っているのに、風俗では本番を強要してくる客が後を絶ちません。

それはなぜかというと、個室の中で風俗嬢と二人っきりですから、二人だけの秘密にして貰えば行為が出来る場合があるからです。

でも、万が一ばれた場合のリスクを考えれば絶対に本番は辞めるべきでしょう。

風俗嬢が納得したから本番をしたと言う方もいるかも知れませんが、その場では客の勢いに押されて我慢して本番を許してしまったけど、後からスタッフに泣きつく風俗嬢もいます。

そういう場合は、後から罰金を請求されたり、トラブルに発展するケースもあります。

ですから、風俗嬢が許可してくれたからといって、安易に本番をするのは絶対にやめるべきでしょう。

風俗はルールを守れば女の子と楽しい時間が過ごせます。

逆にルールを守らない客には、厳しい制裁を下されるので、そこは肝に銘じて遊ぶようにしましょう。

女の子の私物に勝手に触ってはいけない

常識中の常識なので、風俗店やホームページにはわざわざ注意書きはされていませんが風俗嬢の私物を勝手に触ることは禁止です。

私物というのは女の子の着ていた下着や衣類などです。

女の子の脱いだばかりの服や下着というのはそれだけで興奮してしまうものですが、お金を払っているからと言って無許可で触れてはいけません。

女の子の私物を触るということは基本プレイにも含まれていなければ、オプションプレイにもないからです。

下着が欲しい場合はオプションで履いてた下着プレゼントというものもありますのでそれを利用するようにしましょう。

もし女の子の脱ぎたての衣類や下着を触りたいというのであれば、一言許可を取ることが大事です。

触るくらいなら、本番を強要するよりは全然可愛いものです。

簡単にOKしてくれる嬢も多いはずです。

あくまでも触るだけにしておき、絶対に汚したりしてはいけません。

実際にあったマナー違反では、お客が女の子の下着を盗もうとポケットに入れてしまったケースもあるようです。

これはマナー違反では済まされない問題で列記とした犯罪です。

また、風俗嬢側も出来るだけお客の私物には触れないことがベストです。

貴重品などもある為警戒されてしまう恐れもあります。

覚えて欲しい風俗店でのマナー違反のあれこれ

おじさんでもおデブちゃんでもオタクっぽい人でも、基本的にマナーを普通に守って風俗を利用しているお客さんは風俗嬢から好かれます。

タブーを犯さずにマナーを守ってくれるお客さんの存在というのは当たり前のようですが有難い存在でもあるのです。

マナー違反をしているお客さんは嫌われます。

風俗嬢が風俗で働いてることで一番ストレスになることは、知らない男性のエッチの相手をすることではなく、マナーの悪いお客さんの相手をすることなのです。

・本番(セックス)を強要する
・プライベートのことに関して質問する
・付き合って欲しいと交際を申し込む
・シャワーを浴びることを拒否する

などなど、風俗店の代表的なマナー違反というのはこのような物が挙げられます。

風俗初心者の方ですと、本番が禁止ということを知らないで挿入しようとして来る人もいます。

知らなかったのであれば仕方がないことですが、本番禁止だとわかったからには本番を要求することはやめましょう。

女の子はあくまでも店の店員として働いているわけですので、プライベートのことに関して質問するのも禁止です。

本名や住所、彼氏のありなしなど…。

友達でもないのに教えることは出来ません。

このようなことに気を付ければ、嫌われるお客の対象になる心配はありません。

隠し撮りは禁物です

風俗店でやってはい事の一つとして、隠し撮りがあります。

写真撮影は、オプション料金を払えばポラロイド撮影をしてくれる所もありますが、プレイの動画撮影などは出来ません。

でも、中にはカメラをしこんでおいてプレイの様子を隠し撮りする客もいるそうです。

そういう客は、自分で楽しむために撮影する事もありますが、隠し撮りしたものを業者に売る人もいるんだとか。

風俗店もそういった悪質な隠し撮りを警戒していて、もし見つけた場合は賠償金を請求したり、警察につきだすようにしています。

風俗嬢とのプレイを撮影して見たいと言う気持ちもわかります。

動画撮影していると、自分がAV男優になったような気になれますしね。

後で見返してオナニーの材料にもなります。

でも、隠し撮りは犯罪ですから、絶対にやめましょう。

もし見つかったときは警察につきだされて、社会的な信用も何もかも失う事になります。

たった一度の過ちがそのような重大な結果を招きます。

風俗は、タイプの子とエッチな事が出来るので上手くつかえばとても楽しめますよね。

だからといって、その素敵な時間を動画にはおさめてはいけません。

動画なんかに納めなくても、またその子を指名すれば同じように気持ちがいい時間を過ごせるわけですしね。

 

風俗店内・デリヘル利用時の盗撮問題

毎日何処かの風俗店で行われているマナー違反が本番の強要をするお客さんです。

風俗で働いている女性なら誰でも本番を強要された経験はあるはずです。

そのくらい本番強要するお客に当たってしまうことは日常茶飯事なのです。

風俗嬢側も断り慣れているので、もう割り切ってしまっている部分があるのですが、厄介な風俗のマナー違反者は盗撮をする人です。

動画の盗撮もあれば、カメラで静止画の盗撮の場合もあります。

特に目隠しプレイをする女の子、デリヘルなどの女の子は盗撮されないように注意して下さい。

盗撮が見つかった場合、法的なことに引っかかるのかと言われたら現在の所風俗店やデリヘル利用時のホテルや自宅での盗撮をしただけではグレーゾーンなのです。

あくまでも法律に引っかかる場合は公共の場での盗撮をした場合に限るのです。

だからと言って盗撮をするのは駄目なことです。

盗撮したことがバレるデータは抜き取られます。

出入り禁止になることは勿論のこと、高額な罰金を精神的損害としてお店から徴収されることもあるので覚悟するべきです。

お店の注意書きにも盗撮行為は禁止と記載が必ずあるはずです。

盗撮に限らず盗聴など、問題を起こすことのないように注意をして下さい。

Sのお客さんでも言ってはいけない言葉

風俗嬢の99%はお金を稼ぐ為にこの仕事をしています。

「なんでこの仕事をしてるの?」と質問してるお客さんが多いですが、お金の為に決まっているのです。

答えはただそれだけです。

「お金の為なのになんで風俗を選んだんだ」「風俗なんかけしからん。やめろ」

お客さんの中にはこのように上から目線で父親のように説教して来る人も結構いたりします。

説教することは法律違反になるわけでもありませんが、風俗嬢に言うことはタブーとされています。

色々な職業がある中で彼女達が風俗という体を売る仕事を選んだのは考えなくてもわかるはずです。

高収入を得られるからです。

彼女達が高収入の仕事じゃなきゃ駄目なのには色々理由があります。

その理由は人によって違います。

何故高収入を得ないといけないのか、お客さん側としては気になるかも知れませんが、嬢のプライベートに関わることなので聞いてはいけません。

風俗をやめろと言う人もいるものの、自分だって風俗で遊んでいるのですから人に言えることではありません。

こうやって働いてくれる子がいるから自分は楽しめているということを忘れないようにしましょう。

いくらSのお客さんであったとしても、許されない言葉だってあるのです。