隠し撮りは禁物です

風俗店でやってはい事の一つとして、隠し撮りがあります。

写真撮影は、オプション料金を払えばポラロイド撮影をしてくれる所もありますが、プレイの動画撮影などは出来ません。

でも、中にはカメラをしこんでおいてプレイの様子を隠し撮りする客もいるそうです。

そういう客は、自分で楽しむために撮影する事もありますが、隠し撮りしたものを業者に売る人もいるんだとか。

風俗店もそういった悪質な隠し撮りを警戒していて、もし見つけた場合は賠償金を請求したり、警察につきだすようにしています。

風俗嬢とのプレイを撮影して見たいと言う気持ちもわかります。

動画撮影していると、自分がAV男優になったような気になれますしね。

後で見返してオナニーの材料にもなります。

でも、隠し撮りは犯罪ですから、絶対にやめましょう。

もし見つかったときは警察につきだされて、社会的な信用も何もかも失う事になります。

たった一度の過ちがそのような重大な結果を招きます。

風俗は、タイプの子とエッチな事が出来るので上手くつかえばとても楽しめますよね。

だからといって、その素敵な時間を動画にはおさめてはいけません。

動画なんかに納めなくても、またその子を指名すれば同じように気持ちがいい時間を過ごせるわけですしね。

 

風俗店内・デリヘル利用時の盗撮問題

毎日何処かの風俗店で行われているマナー違反が本番の強要をするお客さんです。

風俗で働いている女性なら誰でも本番を強要された経験はあるはずです。

そのくらい本番強要するお客に当たってしまうことは日常茶飯事なのです。

風俗嬢側も断り慣れているので、もう割り切ってしまっている部分があるのですが、厄介な風俗のマナー違反者は盗撮をする人です。

動画の盗撮もあれば、カメラで静止画の盗撮の場合もあります。

特に目隠しプレイをする女の子、デリヘルなどの女の子は盗撮されないように注意して下さい。

盗撮が見つかった場合、法的なことに引っかかるのかと言われたら現在の所風俗店やデリヘル利用時のホテルや自宅での盗撮をしただけではグレーゾーンなのです。

あくまでも法律に引っかかる場合は公共の場での盗撮をした場合に限るのです。

だからと言って盗撮をするのは駄目なことです。

盗撮したことがバレるデータは抜き取られます。

出入り禁止になることは勿論のこと、高額な罰金を精神的損害としてお店から徴収されることもあるので覚悟するべきです。

お店の注意書きにも盗撮行為は禁止と記載が必ずあるはずです。

盗撮に限らず盗聴など、問題を起こすことのないように注意をして下さい。